Skip to content

カジノを日本でプレイする方法

カジノを日本でプレイすることは昔は不可能でしたが、今はできるようになっています。

その方法とは、インターネットを通して海外のサイトにアクセスし、遊ぶ方法です。

インターネットが普及したのは1990年代後半です。

しかし、インターネットにつながったパソコンを持っているという人はそれほど多くはありませんでした。

ほとんどの人がネット環境で遊べるようになったのは、2009年頃にスマートフォンが普及してからでしょう。

実は、スマホは初期に爆発的に普及したわけではなく、徐々に普及していきました。

2011年にはまだ普及率10%前後でしたが、2015年には普及率50%前後に、そして2019年にはなんと85%まで上昇しています。

このような状況は国内だけにとどまらず、海外でもパソコンは持っていないがスマホなら持っているという人が多数です。

これからの時代は、オンラインカジノもスマホ版に対応しているかどうかが重要なポイントになっていくと予想されます。

なぜ海外のカジノなら日本人でも遊べるのかというと、インターネット上の住所はサーバーが置かれている場所で決まるからです。

サーバーが海外に置かれているなら、日本人が日本に居ながらアクセスした場合でも、日本の賭博罪の対象外です。

賭博罪の対象にならないということは、海外のカジノでいくらプレイしても捕まらないということですが、完全に安心してはいけません。

海外のサイトでお金を使う場合、別の不安要素があります。

それは、入金したお金が出金できないということです。

例えば、とある詐欺会社は、「入金した金額の300%がボーナスとしてもらえる」などの魅力的なキャンペーンで客を獲得しました。

10万円を入金したら30万円がボーナスとしてもらえるので、合計40万円になります。

当然ですが、すぐに40万円を出金できるわけではありません。

「3カ月間は出金ができない」という期間の条件がついていたり、「100回以上ゲームを遊ぶ」という回数の条件がついていたりします。

普通ならこれらの条件を満たせば出金ができるようになるのですが、詐欺会社ではいつまで経っても出金ができない状態が続きます。

騙されたと思った時、日本に居たら消費者センターに相談をしたり、弁護士を雇って裁判をしたりするでしょう。

ところが、海外で騙された場合にはそう簡単にいきません。

国際弁護士を雇わなければならないので普通よりも費用が高額です。

それどころか、代表者氏名や住所が偽物だったら裁判をすることすらできません。

裁判をするためには相手の住所や氏名がわかっている必要があるからです。

住所が偽物で、実際に行ってみたらなにもない空き地だったということもあります。

このように、海外の会社から騙された場合、裁判をするためのハードルは高いです。

被害額が10万円程度ではほとんどのケースで泣き寝入りすることになるでしょう。

この記事では、日本に居ながらカジノを遊ぶ方法を解説しました。

賭博罪の対象外なので捕まる心配はありませんが、信頼できる会社であることをしっかりと確認してから遊びましょう。

政府が発行しているライセンスを取得している会社は一定の信頼があります。

日本では統合型リゾート整備推進法案が可決されましたので、2025年頃には日本にも統合型リゾートができている可能性が高いです。

あと6年程度待てば、海外旅行へ行かなくても国内でカジノを遊べる時代が来るのです。

それまで待つというのも、1つの方法となるでしょう。

統合型リゾートは全国に3か所という制限があります。

東京、大阪、長崎の3か所が有力と言われていますが、まだ確実ではないです。

候補地が決まるのは2022年頃と言われています。